2008年11月15日

熟女吉永小百合が熱演

私は貝になりたいで熟女・吉永小百合が熱演。


日曜劇場・24才シリーズ7 吉永小百合

みどころ
2008年11月は、「吉永小百合特集」と銘打ち、CS初放送の4作品を含む珠玉の名作を一挙放送。
名女優の初々しい20代の魅力を引き出した、石井ふく子プロデュースの日曜劇場「24才シリーズ」。仕事か、結婚かの人生の選択を強いられる微妙な年頃の機微を繊細に表現した名作シリーズ。特に吉永小百合は当時実年齢で出演し、等身大の楚々たる魅力を存分に披露した。

あらすじ
出版社に勤める秋子(吉永小百合)は結婚を前提に付き合っていた男性・秀夫(大出俊)がいるが、秋子の家庭環境が原因で、その男性の母親・忍(宝生あやこ)に結婚を反対されていた。秋子の父・文人(加藤嘉)が原因で壊れた縁談はいくつもあり、秋子は父親を憎む一方だったが、その父親が亡くなった。葬式に出席した秀夫は秋子に「2人だけで式を挙げよう」と告げる。

ラベル:吉永小百合
posted by 熟女にモテよう at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。